スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
『1day shop ぽっぽおばちゃん家』開催します!
お待たせしました!
開催決定!
みなさんお誘いあわせの上
ぜひ遊びに来てくださいね!!!

『1day shop ぽっぽおばちゃん家』

と き: 5月 26日tue.
     10:00~15:00

ところ: フレスポ鳥栖ウェルカムコート
      鳥栖市本鳥栖町537-1 ℡(0942)84-2100

<参加作家さん>
Avancer
めりぽぴ
ココロcoco
H
P+Palette*
+tepore*  &  Ankoro
Olive & てんとうむし
t&
grass marie
tabasa & じゅん  &  kinari
Keyco
Alice
room515
ロゼット屋さん
Jully
HAPPY TIME
クローバー
コトリエ
Pocky
Happy*Days
Lace Lace
Ve-Randa(h)
春花
Happy Dot
糸ito chokkin
Roco
ひだまり
ポムパン
K‘s licotto.f
Chie
cocoro
cocopopo
ちろの空
春彩
Couple*Paume
gumicoco
Hana  &  kurumi
Little Galaxy
sara sora
てしごとたいむ
ナチュラル木工momo

スポンサーサイト
[2015/04/23 12:16 ] | ママ支援 | コメント(0) | トラックバック(0)
幸せだった分の・・・
夜11時過ぎに携帯電話が鳴った…
「ごめん、こんな遅くに…」
去年の大晦日にご主人を亡くした友人だ。

「今日仕事休みでね、家に居た…なんか今日は、なんか今日は…」
「もういいよ、うん、うん、よしよし…」って言ったらしばらくの間電話の向こうで無言の涙。
私もただ泣いて…彼女の声を待つ。

哀しみの深さは幸せだった深さ.の分。
愛し愛されたからこそ。
そのすべての日々に感謝して時の流れに…。

お葬式の日に彼女からの年賀状が届いていた。
『主人は今、病と闘っておりますが・・・夫婦二人の時間を愛おしく大切に過ごしています。』とありました。
本当に仲の良い素敵な夫婦でした。

いつかこうして夫婦の別れはやってきます。
どちらが先に逝くかわかりませんが、
“幸せの深さ分の哀しみ”に耐える覚悟を持って
お互いを思いやり、感謝し合い、夫婦の日々を過ごしていきたいです。

どんなに年老いても夫に「大好き!」って言えるおばあちゃんになりたいと思っています。

<おせっかいなぽっぽおばちゃん>
[2015/04/22 11:52 ] | ママ支援 | コメント(0) | トラックバック(0)
父親の愛
息子たちが赤ちゃんの頃の夜泣き…
泣き止まない子を抱いて、半分寝ぼけているしイライラ…
そんな時、主人が「僕が抱っこしてるから、寝てていいよ」って。
(きっと、大事な我が子をイライラした妻が投げ飛ばしはしないか、って心配だったんだと思う)
熱が出た時も、1時間おきくらいに熱を測りメモに記入し、冷やし、ほとんど寝ずの看病。
(母は、心配しながらも主人に任せて寝ていました)
夜中の授乳が寒くないようにと、主人が電気ストーブを危なくない位置に置いてくれて
スイッチを手元で入れられるようにしてくれた。
でも、私が寝たままの授乳だったので、我が子がおっぱいで窒息しないか…ストーブつけっぱなしのまま寝てしまわないか…と、結局授乳の間、起きていてくれた主人。

息子たちよ!
口うるさいなぁって時々せからしく思ってしまう君たちのおやじは、大きく優しい愛情で君たちを大切に育んでくれた人です。
常に、寒くないか? 暑くないか? 重くないか? 大丈夫か? と気遣い、今も全力で家族を守ってくれています。
その主人も来年は70才…昨年は病気も乗り越えました。
とてつもなく幸せな家族の日々を、お互いに感謝して一日一日を大切に過ごしていこうね。

<おせっかいなぽっぽおばちゃん>
[2015/04/16 14:58 ] | ママ支援 | コメント(0) | トラックバック(0)
いろいろ大変だったけど…
もうすぐ次男の二十歳の誕生日
長男と11歳差で、私が38歳の時の子だ。
人見知りが激しく、託児にも預けられず、
保育園に行っても「保母さんが先に帰ったらどうすると?」と
不安でいっぱいの涙の日々。
小学校1年の時も毎朝泣いて吐いての登校。
保健室に迎えに行くことも。
チックも繰り返し。
いろいろ大変だったなぁと思い返すけど
今は長髪パーマでカラーリングにピアス、
軽音楽サークルでドラムを楽しむ大学生に。
「俺なんであんなに泣きよったっちゃろか?今なら喜んで行くとに」って。
高校でも大学でもたくさんの友人に恵まれ
先輩にも可愛がられ、楽しい毎日を送っています。
小さい頃、こんなにいちいち取り越し苦労していて、
人生楽しんで生きていけるのやろかと心配していた日々が嘘のよう。
取り越し苦労性…も見方を変えれば
“場の空気を読んで、周りの人へ気配りができる“ってことだよね!
二十歳…成人の仲間入り。
自分の行動に責任を持って、とにかく幸せな人生を歩んでおくれ!!
幸せが増えるコツはね、
今すでにある幸せに気付く力を持つこと
そういう気持ちで周りを見渡せば、あちこちに幸せがあふれています。
私は毎朝目が覚めた布団の中で
・今日も目覚めたこと
・家族が皆(飼い犬も!)、健康で無事に過ごせていること
・大好きな人がいっぱいいてくれること
・ご飯が美味しくいただけること
・経済的な心配がないこと
・すべてのことはうまくいっている!
困難なことがあっても絶対に結果オーライだと強く信じることができること
等々、すでにある幸せに感謝して起き上がるようにしています。
あっ、天井の桟に沿って目を動かす運動もしていますよ。
これ、おすすめ!
皆さんも今から目の老化防止を気がけていたら老眼も怖くない!
<おせっかいなぽっぽおばちゃん>
[2015/04/13 11:28 ] | ママ支援 | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。