スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
息子を追い出そう!
 テレビの番組でのニホンカモシカの母子。
 今までずっと優しく自分を守ってくれていた母親が、ある日を境に縄張りの外へ追い出そうとする。
 我が子やろ?そんなに厳しく追い立てなくても…と心が痛むくらい。
 突然のことに驚きながら、子どものカモシカは縄張り内を逃げ回る。
 そして、初めて母親と離れた場所で眠る。(この姿が実に切なかった)
 次の朝、子どもは自分から母親の縄張りを出ていく。
 …泣いてしまった。
 私もこの母カモシカのようにならねばと思った。
 先日、親に甘えた生活態度の19歳の息子に「もう、出て行きなさい!」と言い放った。
 1人暮らしを始めなさい!って意味。
 つくづく思いました。
 男の子の自立の時期が近づいたら、家を居心地のいいものにしてはいけないなと。
 本心は、いつまでもこうして暮らせたらいいなと思うところも少しはあるけれど、
 ダメダメ!!
 男は一日でも早く家を出して自立させなければ!
 そして、しっかり社会に溶け込み、素晴らしい伴侶と子どもに恵まれ、健康に幸せに暮らしていっておくれ!
 しっかり自立できれば、時折会う事を楽しみに親も幸せに過ごせます。
 親も上手に子離れして、気持ちを切り替えて、これからの人生を楽しまなくちゃ!
 もちろん、上手に子離れ、親離れをするために、子どもが小さい間はしっかり抱きしめて、愛情のバリアをしっかり築いてあげて、社会の荒波に負けない力をつけてあげましょうね!

<おせっかいなぽっぽおばちゃん>
スポンサーサイト
[2014/07/17 15:14 ] | ママ支援 | コメント(3) | トラックバック(0)
どうぞ思いっきりどん引きしてくださ~い!
「ぽっぽ・かふぇ」秋号の特集ページは、『夫婦』についてです。
夫と妻の本音を語ってもらいたいけど、ひとつ間違ったら夫婦の危機!なんてことになりはしないだろうかと、結構覚悟が必要なテーマでした。
でも、子育てについても夫婦のあり方が大いに影響すると思います。
細心の注意でパートナーにわからない方法で本音を語ってもらった原稿が集まってきています。
あぁ、どこも同じ!と共感、安心、そして今後の参考にしてくれたらと思います。

さて、我が家のケースですが
中学生になり思春期を迎えた息子と父親がぶつかることが増えた頃の話。
息子の態度も悪いが、主人に対し“その怒り方はないやろ!”と何度かその場で反論してしまったことがある。
あとで、主人から言われたこと…「僕に反論があっても、息子の前で言うのはやめてくれないか。父親としての立場がなくなるから。僕も聖人君子ではないから、君の理想通りの完ぺきな叱り方はできない。」と。
 はっとした。
 私は息子をかばっていたのではなくて、私の理想通りの”完ぺきで素敵な夫”像を押し付けていたんだと気付いた。
 それからもいろいろあったけど、主人は主人で努力してくれているのもよくわかった。
 そうこうしている内に息子は成長し、あの頃の様なぶつかり合いはなくなった。
 これ言うと皆にどん引きされるんだけど…
 私の譲れない人生の理想は、主人のことを死ぬまで“大好き!”でいること!
…ねっ!引いたでしょ?
 でも、これだけは全うしたい私の理想!
 だから、私もそのための努力は惜しまない。
 うん!だから今日も主人のこと“DAISUKI!”です!(^^)!
 はいはい、どうぞ思いっきりどん引きしてくださ~い!

<おせっかいなぽっぽおばちゃん>

[2014/07/11 15:16 ] | ママ支援 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。