スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
親の役目
 人生で様々な苦難に遭遇し、心が悲しみや屈辱でくずれおちそうになったとき、自分を投げ出さず、苦しみを乗り越える力は、人から愛された記憶から生まれるのではないでしょうか。
 「自分のことを誰よりも大切に思ってくれた人がいた。私が悲しみ、苦しむことを喜ばない人がいた」という思い。
 それは『一所懸命生きなくては』という勇気を生みます。 
 親が子に残せる一番確かなものは何だろうと考えるとき
「あなたを大切にしてほしい。私がこんなに愛した子なのだから」という心だけの気がします。
 愛されたという記憶、心から自分の幸せを願った人がいてくれたという思い出、それらを子どもに残せたら、親の役目は、それで足りるのだと思うのです。
(『母の時(とき)』浜文子著 グランまま社 より抜粋)

 
 以前にも紹介しましたが、私はこの言葉で、子育て中に揺らぐ気持ちをリセットしてきました。
 大切な命を育んでいるお母さんは、24時間気が抜けません。
 子どものかすかな寝息の変化に夜中でもサッと目が覚める自分に驚いたものです。
 そして、いろいろ我慢もしていますよね。
時々キャパオーバーして、泣きたくなったり、八つ当たりしてしまったり…。
 そんな自分をダメな母親だなんて思わないでくださいね。
 あなただけではなく、他のお母さんも同じだって!だから、大丈夫!!(^^)!
 自分は愛情が薄いのでは?と悩んでいるお母さんもいるかもしれませんが、子どもから親への無条件の愛情を感じる度に、あなたの愛情は深くなっていきますよ。
 子どもが自立して旅立つ日は、あっという間にやってきます。
 今を大切に過ごしてくださいね。

<おせっかいぽっぽ>

スポンサーサイト
[2014/01/30 22:44 ] | ママ支援 | コメント(0) | トラックバック(0)
「習い事」の特集に広告を掲載しませんか?
「ぽっぽ・かふぇ」3月春号(Vol.24)3月1日発行予定
子どもの「習い事」の特集に広告を掲載しませんか?

「ぽっぽ・かふぇ」は毎年3月に「習い事」特集を企画しています。

子育て中のお母さん達に「習い事」についてきいてみました。
・いろいろな経験の中から「楽しい!」と思えるものを見つけてほしい。
・子どもの人生をより味わい深いものにできるのでは?との親心で。
・人生のいろいろな場面で「私にはこれがある!」と自信をもてるように。
・自分が苦労したもの(英語・習字・絵など)を。楽しく自然に身につけてほしい。
・子どもの個性と合った先生との出会いが大きく影響するから、教室選びは大事 etc.
お母さん達の「習い事」に対する思いは様々ですが、「習い事」に関心がある方々の参考にしていただきたいと思います。

◆「習い事協賛広告」の実際の大きさはヨコ9㎝×タテ4.5㎝
◆ 広告掲載料は5,000円
◆ 掲載申込み締切は、1月31日(金)
◆ 問合せ先 NPO法人 ぽっぽ・わーるど
       ℡ 0942-83-7415
[2014/01/07 13:34 ] | ママ支援 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。