スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ボクはお母さんもおばあちゃんも、好き…
また、二十数年前の思い出話。

雪がどんどん降ってきた。
4歳の息子と、傘を持たずに出かけた姑を迎えにバス停に。
かなり待ったが、バスは来ない。
息子も私も雪まみれになったので家に帰った。
バスが時間より早く到着して、違う道を通ったのか、姑は家に帰っていた。
「迎えに行ったんだけど、すれ違ったんですね」
当然、雪まみれの息子を見て「あ~そうやったとね~。ごめんね~。寒かったやろうね~。」とかの言葉が返ってくるかと思ったが、「あっちの道から帰ってきたたい。」だけ。
私は息子の冷たくなった手を温めながら、カッチーン。
こんなに冷たくなってるのに…と不満を口にしようとした時、
息子が「ボク寒くなかったけん、いいとよ。」って。
ハッとした。
息子にとって、大好きな二人が嫌な雰囲気になるのは辛いことなんだな。
また、この小さな息子に教えられた。

今日はたまたまがっかりする態度をとられたけど、
姑は孫である息子をこよなく愛してくれている。
息子にとって、どちらか選べないほど大切な存在である私たち“嫁と姑”。
我慢はよくないが、子どもからの“無条件の愛”に学びながら、
心地よい関係でいたいと心掛けるだけで、カッチーン!の回数や度合いは減らせるのではと思います。

ん~、まっホントに難しい問題ですけどね。

子どもの心を優先しましょ!

ちなみに、姑は三年前に他界。
裏表の無い、悪気の無い、ストレートな姑の性格に慣れるのには10年以上かかったけれど、
私を幸せにしてくれている主人を産んでくれた人という感謝の気持ちは忘れたことはない。
亡くなるまでの数年間は、実の親以上の“縁ある人”として、心が通うようになっていたと思う。
きつい思いもかなりしたけど、受け止めるこちら側の問題だったことも多かったなと、今ならわかる。
幸せな嫁だったと思う。

ご主人のご両親とうまくいっていない人は多いと思うけど、
少し、見方や考え方や受け止め方を変えてみてほしいな。
うん、そう簡単にはいかないってこともわかっているけどね。
でも、何より自分の気持ちが楽になれるから。
もっと幸せになるために・・・ね。


<おせっかいぽっぽ>
スポンサーサイト
[2012/09/27 12:06 ] | ママ支援 | コメント(0) | トラックバック(0)
ぜひ一声かけてあげてくださいね!
先週の水曜日の事務所での「ぽっぽママかふぇ」に、
一ヶ月前に兵庫県から引っ越してきたばかりのママが来てくれました。
ちょうどハンドメイド作家のママ達が居て、
そのママと同じマンションのママとつないでくれました。
その後彼女たちは、一緒に子育て支援センターの講座に参加することになったようです。
 
引っ越してきてすぐに、こうして自分から人とつながりたいと行動できるママは
大丈夫です。
まず一人のママ友とつながれば、あとはいろいろなご縁とつながりますから。
鳥栖での暮らしを楽しんでほしいです。

でも、この一歩が踏み出せないでいるママはきっとたくさんいるはず。
みなさんの周りに、気になるママがいたら、ぜひ一声かけてあげてくださいね!
[2012/09/17 20:12 ] | ママ支援 | コメント(0) | トラックバック(0)
「王様の耳はロバの耳」
なぜかふと思い出したこと
当時4歳か5歳の長男と「王様の耳はロバの耳」のテレビか絵本を見て
楽しいひと時を過ごしたすぐ後だっけか
何かのことで叱って・・・いえケンカして・・・
「お母さんに文句があるなら、庭に穴掘って、その穴に向かって叫んでくればいいやん!!!」
(・・・なんて大人気ないこと言うんやろ・・・)

そしたら、長男ホントに庭に穴掘った!
そして、腹ばいになってその穴に向かって
「王様の耳はぁ・・・」ではなく
「お母さんの、ばぁかぁ~~~!!!!!」

そのあと、その穴を埋めて
スッキリした顔でにっこり!
可愛い・・・。
私の怒りまでスッキリ。

・・・私の完敗・・・

<おせっかいぽっぽ>

[2012/09/14 21:23 ] | ママ支援 | コメント(2) | トラックバック(0)
みやき町子育ち・子育て応援プラザ『TeaRaティアラ』
みやき町子育ち・子育て応援プラザ『TeaRaティアラ』に行ってきました。
ティアラとは造語で、髪飾りの冠「Tiara」と涙の「Tear」をあわせて子育ち・子育てのかがやくイメージと、悲しみや喜びの涙を表しているそうです。
三根庁舎の一階の明るいホールに、そのスペースはありました。

“あなたのこと・こどものこといろんなことをお茶を飲みながら話してみませんか?”
“子育て交流広場”として
“人として、親として、大人としての自分を育てる研修会”
“地域子育て情報”を発信、
等々子育て中の方々の気持ちに寄り添う温かい活動をされています。

スタッフの方の何とも言えない優しい雰囲気に、
ここに集うママ達がどれほど安心できているかを実感できました。

町民以外の方もぜひどうぞ!とのことでした。
訪ねてみてくださいね!

佐賀県三養基郡みやき町市武1351 三根庁舎内
℡ 0942-96-2107
ブログはこちら⇒TeaRaティアラ


そこに置いてあった“ティアラからのメッセージ”というパンフレットの詩を紹介しますね。

ある日おなかに 命が宿りました
その命は 母親になる私に向かって
せいいっぱいのシグナルを発してきました
私は その命を感じながら誕生の日を待ちました

およそ十月
命は産声とともに
この世界に息づきはじめました

あいたかった
あえてよかった
あなたにあえて ほんとうによかった
うまれてくれて ありがとう

このまちの人々は
新しい命と私を
あたたかい言葉で つつんでくれる

母親になること
母親でいることは
楽しいことばかりではないけれど

このまちは 新しい命と私に
命との出会いを
幸せだと感じる機会を 与えてくれる

そして
新しい命は
新しいまちを 創りはじめる・・・
[2012/09/14 12:09 ] | ママ支援 | コメント(0) | トラックバック(0)
「ぽっぽ・かふぇ」秋号出来ました!

配布も完了!
いろいろな人のご協力で、素敵な内容に仕上がっています!

キユーピーのベビーフード試食会は、今回もすごい人気で
定員に達しました!

ぽっぽ・わーるどママ教室の「魚のさばき方教室」も
あっという間に定員に!
「魚のさばき方」は大当たりっていう感じで、
やはり自信がなく料理している人が多いのでしょうね。
そもそも、ぽっぽおばちゃん達自身が習いたい!思いで企画しました。
もちろん当日は託児があるので、私たちは習えませんが。

「スクラップブッキング教室」は、まだ空きがありますよ。
とにかく可愛い可愛いミニアルバムです。
オススメですよ!

10日月曜日はママかふぇです。
今回は勤労青少年ホームの2階和室ですよ。
間違えないでくださいね!
待っています!
[2012/09/08 21:41 ] | ママ支援 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。